痛みを和らげる温泉成分 『温泉藻類RG92」とは

痛みを和らげる温泉成分『温泉藻類RG92』とは、世界で初めて発見された温泉の藻(新規微生物)です。
抗炎症作用や糖化・酸化ダメージを抑制する特長があります。

温泉藻類RG92研究について

ネーミングの由来

Regeneration Gateway の頭文字をとり「RG」、「92」は株番号。
再生への道を切り拓く希望の意味が込められています 。

温泉藻類RG92の特長

研究・実験・検証を重ね、RG92とは炎症・糖化・酸化を抑制する特徴を持つ温泉の藻ということが分かってきています。
・炎症性サイトカインの抑制(抗炎症)、炎症で誘導される痛み・痒み因子の抑制(鎮痛・鎮痒)
・IgE の産生抑制(アレルギーの抑制)
・糖化ストレスの抑制(病気や老化原因の1つ)
・酸化ストレスの抑制(病気や老化原因の1つ)
・紫外線によるダメージの軽減
・塩素ダメージの軽減

RG92は誰が発見?

別府の温泉藻類研究所の研究員が発見しました。試験管片手にフレッシュな温泉を1つ1つ採取してきて、単離し、分析するといったローラー作戦を毎日繰り返し、新種の温泉の藻を発見。RG92はその内の1種です。

RG92の発見場所

大分県別府市/別府温泉で発見しました。温泉には硫黄泉や塩化物泉といった種類が10 種類ありますが、別府温泉にはそのうち8 つが揃っていて、源泉かけ流しでフレッシュな温泉が豊富にある温泉一色の町です。

RG92の誕生

45 億年前に遡ります。 地球に酸素が生まれ、生命が誕生した時代に生まれました。

解説

温泉藻類RG92の第一の特長は「抗炎症作用」です。
体内で起こる様々な炎症反応のうち、IL-1β (インターロキシン1)、IL-6 (インターロキシン6 )タンパク質の産生抑制が確認されているほか、アレルギーやアトピー性皮膚炎に関与するIgEや痒み因子IL-31の産生を抑制し、発痛物質の生産を誘導するCOX-2の活性を低下させることが確認されています。
抗炎症作用の他に、酸化や糖化ダメージの抑制も確認されており、天然のアンチエイジング成分であることも世界的学会で確認されております。

関節炎の痛みや炎症・軟骨分解の抑制|関節炎の緩和メカニズム

RG92エキスは関節の痛みや炎症に関与する因子を抑制し、関節機能を亢進する。

炎症や老化を伴った脱毛モデルに対する抗炎症作用|脱毛抑制メカニズム

RG92エキスは毛包内の炎症を鎮め、髪の老化を防ぐ。

皮膚における炎症・痛み・痒みの鎮静、抗老化作用|皮膚トラブルの改善メカニズム

RG92エキスは炎症性・老化性の皮膚トラブルを改善する。

皮膚炎モデルにおいて、RG92エキスは炎症因子、痛みや痒みに関与する因子、ニキビの悪化に関与す る因子の発現誘導を抑制した。アレルギーやアトピー性皮膚炎に関与するIgEや痒み因子IL-31(data not shown)の産生を抑制し、発痛物質の産生を誘導するCOX-2の活性を低下させた。
RG92エキスは老化の原因となる糖化ストレスで誘導されるTNF-αやIL-6を抑え、細胞の抗老化や保湿に関与する因子の発現を促進させた。 各種ストレス下において、RG92エキスは皮膚細胞の増殖活性を回復させた。

関節炎モデルではRG92エキスの添加でIL-1β、IL-6、TNF-αおよびNGFの発現抑制、IL-1β、IL-6タンパク質の産生抑制、リウマチ患者由来の滑膜細胞ではMMP-3の産生抑制が確認された。
一方、関節機能の回復に関与すると考えられる軟骨成分9型コラーゲンの発現は上昇し、オートファジー活性は亢進した。

特許取得

特許 第5676702 号
「藻類体から抽出したエキスを含有する組成物、 及び化粧用組成物、 炎症性疾患の治療・予防薬、並びに新規微生物」

フランスの国際有機認定機関「エコサート」より認定

オーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、認定を行なう第三者機関。オーガニック認証団体の世界基準と言われています。

学術発表

・日本薬学会第135年会
・第112回 日本皮膚科学会
・第57回日本リウマチ学会
・日本薬学会第133年会
・第28回日本微生物生態学会

Translate »