活動

日本・スリランカ包括的パートナーシップにおけるスリランカ国策事業へ日本の温泉藻類RG92が大きく前進しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本・スリランカ包括的パートナーシップにおける
スリランカ国策事業へ日本の温泉藻類RG92が大きく前進しました。
 
政府・医療・大学・スポーツ省・アーユルヴェーダ省各方面の責任者からパートナーシップを構築しました。
 
日本・スリランカ包括的パートナーシップのもと、スリランカで進行中の国家プロジェクトGKUP(Greater Kandy Urban Plan)において、
日本の温泉藻類RG92が採用される可能性が高まっています。

政府高官、大学学長、関係省庁の責任者の間で、健康寿命の延伸、未病対策を柱とした統合医療の分野において、温泉藻類RG92の有用性に対し、大きな期待が寄せられています。

Dr. Parakrama Wijekoon
1)ANMRC議長
2)ペラデニヤ大学口腔外科長
濱田 茂
サラヴィオ化粧品 代表取締役会長
(温泉藻類RG92をプレゼン)
モンテカセム教授
1)スリランカ総理大臣上級補佐官
2)AP-HEAT-ITコンソーシアム委員長
3)自然科学大学学長
Dr. Lankshman Edirisinghe
スポーツ省スポーツ医学研究所所長
Upul Dissanayake教授
ペラデニヤ大学総長


Ms. Shanthi教授
スリランカ アーユルヴェーダ選考委員長
Mr. Chandra Schaffter
Janashakthi創業者
スポーツ省、ナショナルリーグ球団、
地域医療の 各トップがRG92のスリランカ普及の議論をかわす
スリランカ シナモン世界最大手の
オーナー&CEOとの
共同開発が決定

アーユルヴェーダとの
共同開発も決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Translate »