温泉治療

プロスポーツ界の「痛み」問題は切実! “いつでもどこでも”「温泉ケア」が、ドーピング・副作用からアスリートを救う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロスポーツ選手は、常にケガや故障などのリスクと向き合っています。 アマチュアの世界も同じ。 治療院に通うスポーツ選手も、パフォーマンスを発揮するために、「痛み緩和」という切実なる願いを持っています。

医学のプロフェッショナルであるドクターは、痛み止めの方法の1つとして、投薬治療を行いますが、プロスポーツではドーピング問題を背景に、服用できない痛み止めもあり、副作用のリスクもあります。

ドーピング問題はスポーツ選手個人の問題だけでなく、プロスポーツのチームブランディングにとっても気をつけなければいけない事柄です。 何より、薬の副作用はスポーツ選手のパフォーマンスの低下を招きます。

「プロ野球」では、選手の体調管理を一手に担うプロ野球トレーナーがいます。 トレーナーは、試合後のアフターケアはもちろん、体づくりのサポートまで幅広くカバーする「縁の下の力持ち」です。 もちろん、ドーピングチェックも欠かすことができないサポートの1つ。 投薬による痛み止めが必要な選手には、特別な配慮を払わなければなりません。

副作用とドーピング問題は、プロスポーツにおいて常にネックとなっており、どうすれば心配なく「痛みを緩和」ができるかが課題になってきます。

そこで今、注目を集めているのが、「温泉の藻」の効果による痛み止め法です。

海や川に藻がいるように温泉にも藻が生息しており、別府温泉から発見した新種の藻「RG92(特許取得)」は、ナチュラル成分でありながら高い抗炎症作用をもつのが特長です。炎症を抑えることで患部を消炎し、痛みや腫れの軽減を短時間で実感することができます。

RG92の抗炎症作用は幅広く、関節周りの組織の消炎から、テーピングなどによるかぶれ(接触性皮膚炎)といった肌の炎症まで期待できます。 また、世界的なオーガニック認証機関から認定を受ける安全な成分であることから、ドーピングや副作用の心配は一切なく、安心して毎日のアフターケアに活用できる点で、トレーナー達から注目されています。

この「RG92」を最速で患部へ届けることができるのが「エレクトロポレーション」という機器です。エレクトロポレーションとは、ハーバード大学などの研究所で確立された電気穿孔理論を医療に転化したもので、針を使わずに有効成分を深部まで届ける画期的な機器です。 遺伝子組織や抗がん剤投与への応用も期待されており、医療現場での活用も研究が進んでいます。

電気パルスによって有効成分を浸透させるため、注射針を刺すことや、それに伴う痛みや感染症の心配がありません。安心・安全な機器であり、細胞の隙間から有効成分をダイレクトに浸透させるため、短時間で高い効果が期待できる点もアスリートを喜ばせているようです。

高度なパフォーマンスを日々こなすスポーツ選手に求められることは、ケガや故障の予防。痛みが出ると、そこをかばうために他の部位に影響し、更なる痛みを引き起こす心配もあります。 ケガや故障の予防には、クールダウンやアイシングに加え、「温泉の藻RG92」の塗布やマッサージ、エレクトロポレーション機器を使った最速導入での痛み止め法が主流になる日も近いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Translate »